スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中華民國萬歲 

中華民國萬歲

roc.gif

323701_200709030136141.jpg
先總統 蔣公千古

スポンサーサイト

Lord of the Rings Online 

I am now playing Lord of the Rings Online.
You could find me at the Firefoot server on US Version.

ScreenShot00041.jpg


Welcome to join us.

やはりハッキングがあったのじゃないですか! 

やはりハッキングがあったのじゃないですか!

http://www.gamecity.ne.jp/dol/developer/index_080404.htm
http://www.gamecity.ne.jp/dol/topics/stlite.htm

It means that RMT will be much more than before as the RMTs now do not have any cost to open plenty of account.

KOEI started to think that there are not enough players in DOL so they have such kind of policy.

But how about those banned normal overseas players?

How KOEI is doing F**King things.

F**K KOEI.


海外禁止と言いながら、海外でしっかり宣伝している 

海外禁止と言いながら、海外でしっかり宣伝している
http://rescue.ben7.net/archives/21

KOEI fuck.gif

大航海時代 Online サポートセンター 担当方 

大航海時代 Online サポートセンター 担当方

引き続き、昨年末にも、「顧客」「Gamecity会員の一人」としてのお問い合わせを、御社規定の正規ルートで行わせていただきました。しかし、現在に至って、「コピー&ペースト」のマニュアル的なご対応すらいただいておりません。誠意を感じるかどうか以前の問題で、お問い合わせに対して、「完全無視」を貫く御社の企業姿勢を疑わざるを得ません。

海外アクセスがどうこう以前に、先日も申し上げた「CESAのオンラインゲーム運営ガイドライン」に則して、「Gamecityの会員のお問い合わせ」に対して、御社は「回答する姿勢」「対応する姿勢」を見せる必要はないのでしょうか?

それも、処分を受けた違反者ならともかく、何ら違反していない日本人プレイヤーのお問い合わせに対してまで、完全無視する姿勢を貫いてきているとは、御社の顧客対応について、とても誠意があるものだと思えません。

その上、御社の担当方から「(この件に関するお問い合わせは)御社業務を妨害した」として「何らかの処分をする」と恐喝を受けた日本人プレイヤーまでおります。

このため、海外アクセスしているプレイヤーはもちろん、何ら関係のない日本人プレイヤーの一部から、すでに今回の御社の誠意のない対応に対して絶望し、課金を中止しました。また、当事者によって、主に中国・台湾・香港で御社のゲームへのボイコット活動も始まっています。もちろん、この程度では、御社にとって大して打撃にはならないと思いますが、以前のウイニングポスト7(Windows版)の「コーエーは製品のクオリティを上げずに不正ユーザーを排除する事しか考えていない」というユーザーからの批判とその後御社に対する影響同様、今回はこの事態に至らないとお考えでしょうか?

さらに、日本在住の2人の方が、所在地の国民生活センター(松戸市、大阪市消費生活センター)に協力を求め、「情報開示」や「日本在住の消費者としての対応に応じる」ことなど、御社に誠意ある対応を求めたにも関わらず、御社は消費者センターの担当の方に「当社は電子メールでのお問い合わせのみ受け付けております」と一点張りながら、実際御社規定の電子メールでお問い合わせをしても「完全無視」するのではありませんか?

これは、御社の上層部も含めた会社全体の経営態度として、受け取ってよろしいのでしょうか?あるいは、単に上層部が知らないだけで、アルバイトのゲームマスターや窓口職員が勝手に行っていることでしょうか?

果たしてこのようなご対応は、御社社長である松原健二様が委員長をお勤めの社団法人コンピュータエンターテインメント協会:「オンラインゲーム運営ガイドライン」に則した対応と、本当にお考えなのでしょうか?

消費者センターに対して、「情報開示」「こちらの身分証明の提出を含めたお問い合わせ」をすべて無視し、全く違反していない顧客である日本人プレイヤーに対しては「これ以上お問い合わせをすれば、あなたたちまで処分する」と脅かすなど、東証一部上場していて、ゲーム業界で20年以上も君臨している一流企業があるべきお客様サポート・お客様窓口を事実上有していない状態で、かつ「すべてのお客様を悪質なクレーマー」扱いをしているのではないでしょうか?

そもそも、海外のアクセスについては、こちらの記事(http://www.watch.impress.co.jp/game/docs /20050404/koei_01.htm)にもありますように、御社の現社長が、すでに2005年の時点において、認識していたにも関わらず、何らの対策と取って来なかったことをはじめ、御社に全く問題がなかったわけではないと考えます。

また、こちらのホームページにあったように(http://0rz.tw/0b3zC)、昔は海外ユーザーのアクセスに対して、「海外アクセスして良い」と正式に回答していたこともありました。

今回御社が海外プレイヤーに対する手法も含めて、少なくとも香港の法律に違反している(The Law of Hong Kong CAP 458 UNCONSCIONABLE CONTRACTS ORDINANCE: http://www.legislation.gov.hk/blis_export.nsf/CurAllEngDocAgent?OpenAgent&Chapter=458など、詳細:http://0rz.tw/443Bg)と言わざるを得ません。日本の法律における規定は、実際御社と裁判をしなければわからないのですが、海外プレイヤーや日本在住の外国国籍のプレイヤーが日本国内において、裁判を実際起こすのは難しい点を盾に、「対応すらせず完全無視」を貫くのは、御社の良心に照らして、全く忸怩たる思いはないのでしょうか?それで御社はアジア・世界進出をしようという企業として世界で通用するとお考えですか?

まずは、「処分の内容や具体的な理由(=情報開示)」、「海外のプレイヤーが理解できる規約内容」などを含め、海外のプレイヤーが理解できる形での努力姿勢をお見せいただき、誠意のあるご対応、そして交渉の席を設けることをご要望いたします。

以上です。ご多忙のところ、失礼いたしました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。